世界で最も精度の高い疫学調査へ 脳卒中・心筋梗塞・高血圧などの疫学研究、さらに、これらの疾患の予防に係わる健康管理、健康増進を目的とした研究を行なっています。

久山町研究室について

町ぐるみの協力で、健診受診率・剖検率・追跡率は世界のトップレベル

福岡県久山町(人口約8,400人)の地域住民を対象に、50年間以上にわたり生活習慣病(脳卒中・虚血性心疾患、悪性腫瘍・認知症など)の疫学調査(久山町研究)を行っています。住民の方々のご協力により亡くなられた方の多くを剖検するなど(通算剖検率75%)、精度の高い調査を実施しています。

写真

地図

インフォメーション

コラム「なぜ久山町研究の糖尿病有病率(頻度)は高く見えるのか?」

皇太子殿下が久山町生活習慣病予防健診をご視察されました

久山町研究50周年記念行事

清原 裕 教授 退任記念講演会・祝賀会

研究テーマ

  • 脳卒中・虚血性心疾患
  • 認知症
  • 慢性腎臓病
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 胃癌・大腸癌
  • ゲノム疫学
  • 衛生学
  • 眼科

九州大学大学院医学研究院環境医学分野
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3丁目1-1
(TEL) 092-642-6107, (FAX) 092-642-6108

九州大学大学院医学研究院環境医学分野久山町研究室MAP
〒811-2501
福岡県糟屋郡久山町大字久原1822-1ヘルスC&Cセンター内
(TEL) 092-652-3080, (FAX) 092-652-3075

(e-mail) kankyo@envmed.med.kyushu-u.ac.jp